スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

芥川龍之介版『桃太郎』を淡々とコピペすれる 【ファンタジー】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337952755/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/25(金) 22:32:35.83 ID:kX+ryPBx0

1.
むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に大きい桃の木が一本あった。
大きいとだけではいい足りないかも知れない。
この桃の枝は雲の上にひろがり、この桃の根は大地の底の黄泉《よみ》の国にさえ及んでいた。

何でも天地|開闢《かいびゃく》の頃おい、伊弉諾《いざなぎ》の尊《みこと》は
黄最津平阪《よもつひらさか》に八つの雷を却《しりぞ》けるため、
桃の実を礫《つぶて》に打ったという、――その神代の桃の実はこの木の枝になっていたのである。

この木は世界の夜明以来、一万年に一度花を開き、一万年に一度実をつけていた。
花は真紅の衣蓋《きぬがさ》に黄金の流蘇《ふさ》を垂らしたようである。
実は――実もまた大きいのはいうを待たない。

が、それよりも不思議なのはその実は核《さね》のあるところに
美しい赤児を一人ずつ、おのずから孕んでいたことである。

むかし、むかし、大むかし、この木は山谷を掩《おお》った枝に、
累々と実を綴《つづ》ったまま、静かに日の光りに浴していた。
一万年に一度結んだ実は一千年の間は地へ落ちない。

しかしある寂しい朝、運命は一羽の八咫鴉《やたがらす》になり、さっとその枝へおろして来た。
と思うともう赤みのさした、小さい実を一つ啄《ついば》み落した。
実は雲霧《くもきり》の立ち昇る中に遥か下の谷川へ落ちた。
谷川は勿論峯々の間に白い水煙をなびかせながら、人間のいる国へ流れていたのである。

この赤児を孕んだ実は深い山の奥を離れた後、どういう人の手に拾われたか?
――それはいまさら話すまでもあるまい。
谷川の末にはお婆さんが一人、日本中の子供の知っている通り、
柴刈りに行ったお爺さんの着物か何かを洗っていたのである。……




スポンサーサイト

桃太郎お爺さんお婆さん

[ 2012/05/27 01:49 ] ファンタジー | CM(7)

アカギ「ククク・・・脱衣麻雀だ」 【カオス】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337786220/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/24(木) 00:17:00.65 ID:vFlMXeYH0


昭和の怪物、鷲巣巌・・・・・・!

己の快楽のため、若者の命をギャンブルで弄ぶ生ける吸血鬼・・・・・!!

これは無謀にもこの怪物に勝負を挑む、一人の天才の物語である・・・・・・・・!!!




真美「亜美のバ→スデ→!」 【日常系】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337618507/




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/22(火) 01:41:47.12 ID:akvqv237O

「2人とも、誕生日おめでとう!」

事務所に響いた兄ちゃんの声
その後に続いて、みんなの声とクラッカーの音

今日は5月22日
真美と亜美の、13回目の誕生日

真美の前にはイチゴショートのホールケーキ
亜美の前にはチョコクリームのホールケーキ

みんなが歌うバースデーソングに包まれながら、
それぞれのケーキに立てられた13本のローソクを同時に吹き消した



5 名前:>>2かわいい2012/05/22(火) 01:44:44.91 ID:akvqv237O

「んっふっふ~。亜美たち、また一歩大人に近づいたよん」

「だけど兄ちゃん?いくら真美たちが大人っぽくなったからって、
 中学生に手を出したら犯罪だからね?」

「あ、あのなぁ…」

苦笑いしてる兄ちゃんと、大笑いしてるみんな
たくさんのプレゼントと笑い声に囲まれて、亜美も嬉しそう

もちろん真美だってすっごく嬉しかった!
酔っ払ったあずさお姉ちゃんに5分くらい抱きしめられちゃったしね






[ 2012/05/22 17:43 ] 日常系 | CM(0)

幼馴染「私寝るけど……襲うんじゃないよっ!」 【日常系】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337350673/l50




1 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/05/18(金) 23:17:53.57 ID:5HUgq36a0

男「いや、だったら自分の部屋で寝ろよ」げしっ

幼馴染「だ、だったら!?やっぱり襲う気なのねっ!へんたい!」カァァァァ

男「そ、そういう意味じゃねーよ」モンモン

幼馴染「うう……男なんてみんなケダモノよっ……野獣なのよ……」およよ



11 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/05/18(金) 23:23:17.04 ID:5HUgq36a0

男「だ、だいいち、こんな真昼間から寝るってどういうことだよ」

幼馴染「だってバイトで疲れてるんだもん」

男「はぁ……」

幼馴染「なによぉ……」

男「……」

幼馴染「な、なんなのよぉ……」オドオド

男「お前さぁ……前のテストどうだったんだよ……?」

幼馴染「うっ……」ギクッ

男「はぁ……」

幼馴染「な、なんなのよぉ!」





幼なじみ

[ 2012/05/21 23:30 ] 日常系 | CM(0)

P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#3 【その他】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337146715/l50

P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#1
P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#2
P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#3




481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 00:02:55.27 ID:ONz6odTQO

東郷あい「君もスミに置けない男のようだねえ」

P「はい?」

あい「おや、まさか何のことかわからない、何て言わないだろうねえ」

あい「ほら――その襟にベットリ付いてる口紅の痕」

あい「一体、誰に付けて貰ったのかな――私という女がいながら」

あい「ねえ……教えて、欲しいのだけれど」

莉嘉(初めて口紅塗ったからイタズラしてみたらスゴイことになっちゃった……)



496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 01:03:02.15 ID:ONz6odTQO

P「え?……あ、本当だ」

あい「おや、まさかシラを切るつもり? 男らしくないな」

P「いや、本当に心当たりが無いんですって」

あい「ふうん……」ジィー…

P「うう……」タラー

あい「つまり君は、誰かが君の知らない間に、
    こっそり内緒でシャツにキスマークを残していったと……そう言うわけだね?」

P「はい……本当に心当たりないです」


あい「ふむ……」ジィー…

P「……」ダラダラ


莉嘉(どうしよう、スゴく出づらい雰囲気……)




P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#2 【その他】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337146715/l50

P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#1
P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#2
P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#3




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/16(水) 19:56:41.98 ID:8V9BU6vS0

ぜひ珠ちゃんを
ttp://niceboat.org/10/s/10ko281421.jpg
ttp://niceboat.org/10/s/10ko281422.jpg

sshvip_2012_0517_14_tamami.jpgsshvip_2012_0517_15_tamami.jpg




235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/16(水) 23:53:32.10 ID:U1+CWUSI0

>>129


珠美「きゅうじゅうはちっ! きゅうじゅうきゅうっ! ひゃくっ! ……ふぅ」

珠美「……やはり早く来すぎてしまいましたかね。
    でもやはり礼を欠かすわけにはいきませんし……」

珠美「入っていいと言われたとはいえ……
    知らない場所で一人ただたたずんでいるのも暇ですし……」

ガチャッ

南条「おはよーございます! ん、今日は誰か先にいるのか?」

珠美「あ、おはようございます。 ……はじめまして? その、ですね珠美は」

南条「……なんだ……? 汗まみれ、手には竹刀……まさか」

珠美「わっ、ち、違います!珠美は不審なものではなくてですね」

南条「……特訓してたのか……!? なぁ、アンタ名前は!?」

珠美「へっ? わ、脇山珠美と申します……」

南条「珠美……珠美か! ヒーローに興味はあるか!?」

珠美「えっ、え?」




P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#1 【その他】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337146715/l50

P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#1
P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#2
P「新人アイドルたちも増えてきたよなぁ……」#3



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/16(水) 14:38:35.46 ID:U1+CWUSI0

律子「しみじみといってないで……新人アイドル達には負けられませんよ?」

P「わかってるわかってる……
  うちだって相当個性派だけど……新人にはあんなのとかもいるしなぁ……」

TV[みんなー! ハピハピしてぅー? いっくよー☆]

P「……営業いってくる」

律子「頼りにしてますよ、プロデューサー殿?」

P「いっそうちも新人勧誘してみるのも悪くないかもな?」

律子「……面倒みきれるんですか?」

P「自信はないな」




魚見「私はタカくんの事が好きです」シノ「…私もだ」 【恋愛】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337337246/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 19:34:06.76 ID:jLp0s7BO0

魚見宅自室

魚見「どうしよう、勉強がはかどらない」

魚見「…初めて出会った時から気になっちゃった」

魚見「それからは何かと理由をつけてタカくんに会いに行ったなあ」

魚見「…もう、親戚としてじゃなくて、タカくんの彼女として側に居たい」

魚見「何かいいきっかけはないかな…」prrrr

魚見「電話だ。え~と、コトミちゃんからだ」ピッ

魚見「もしもし」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 19:36:47.41 ID:jLp0s7BO0

コトミ『もしも~し、お姉ちゃん!』

魚見「こんにちは、コトミちゃん」

コトミ『こんにちは~、お姉ちゃん』

コトミ『えぇと、ちょっとお願いを聞いてもらえたらと思って電話したんですけど、いいですか?』

魚見「はい、私に出来る範囲でなら構いませんよ?」




さやか「デュクシwwwwwデュクシwwwww」まどか「ちょっ、やめっ」 【カオス】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337343766/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 21:22:46.65 ID:H6AMCaBsi

まどか「どうしちゃったのさやかちゃん...」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 21:24:43.73 ID:H6AMCaBsi

帰り道

まどか「じゃあねーほむらちゃん」

さやか「じゃあねー」

ほむら「さよなら」

まどか「さやかちゃん」

さやか「...」

まどか「さやかちゃん...?」

さやか「...」




千枝「そろそろ本気で鳴上くんを安価で落とす」 【安価スレ】


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337344092/l50




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 21:28:12.14 ID:bGVGb5j10

千枝「なんか鳴上くん七股疑惑が出てるんだよねー」

千枝「ここは安価を使って鳴上くんを落としてみせる!」

千枝「さてと、じゃあまずは電話で……」

誰にかける?
1悠
2陽介
3雪子
4完二
5りせ
6直斗
7クマ
>>4



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 21:29:40.54 ID:VtK8da3x0

警察



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 21:29:47.44 ID:RrHRdH6E0





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/18(金) 21:30:18.91 ID:kvBb0JWP0

りせちー







[ 2012/05/21 20:30 ] 安価スレ | CM(0)

amazon
月別アーカイブ
色変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更

広告2
amazon
amazon
広告4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。